家族が亡くなったら遺品整理が必要

もしも家族など、身近な人が亡くなってしまったときは、遺品整理が必要になります。それは、故人の住んでいた家をそのままの状態にすることができないですし、相続に関する手続きを円滑に行う、気持ちの整理をつけるためでもあります。

大切な家族が亡くなったら業者に遺品整理を依頼

荷物

無理せず遺品整理業者の力を借りることが大事

遺品整理を行うときは、自力で行うこともできますが、プロの力を借りるメリットも大きいことを覚えておきましょう。たとえば、故人の家と離れて暮らしていた場合、遺品整理のために何度も足を運ぶのは肉体的精神的負担も大きいでしょう。また、故人が多くの遺品を残している場合も、自力で作業を行うのはかなりの労力が必要になります。他にも、親しい人を失くした悲しみが深く、とても遺品整理をするような気分になれない、遺品を見るのもつらいと感じることがあるでしょう。業者に依頼することで、遺品整理に関する負担を大きく軽減することができます。

最近聞く言葉!遺品整理と老前整理の違い

残された人の負担を軽減する老前整理

もしも自分が死んでしまったら、残された家族が遺品整理を行うことになるため、その負担を軽減するのが老前整理になります。自分で不用品を処分し、財産の所在を明確にし、財産分与などについても遺言状を作成しておくのです。

残された人が行うのが遺品整理

本人が亡くなってしまった後で、残された家族が行うのが遺品整理になります。形見分けや個人の住まいの状況によって異なりますが、四十九日法要の時までに済ませるのが一般的です。

遺品整理業者は幅広いサービスを行っている

遺品整理業者は、遺品整理を行ってくれますが、提供するサービスは業者によって多少異なります。基本的なサービスの中には処分品と貴重品の仕分け、遺品の買取、不用品の処理や遺品整理後の清掃、遺品や処分品を搬出するときの養生など、さまざまな項目が含まれています。

業者へ遺品整理を依頼する手順

ダンボール

現地調査と見積り

遺品整理を業者に依頼するときは、まずは依頼する業者を決める必要がありますので、業者をいくつかピックアップして見積もりを出してもらいます。業者に連絡をして、現地まで出向いてもらってから詳しい見積りを出してもらい、金額やサービスなどを比較して業者を決定します。

契約と作業日を決定

依頼する業者が決まったら、その業者に連絡をとって契約を結びます。その際に、作業日も併せて決めるようにしましょう。作業日に関しては業者の空き状況によって、希望する日に予約が取れないこともありますので、予備の日もいくつか決めておくと作業日も決めやすくなるでしょう。

説明などを行いながら作業開始

作業開始前に業者と依頼主との間でミーティングを行って、作業の流れや注意点などについて業者から詳しく説明を受けます。その後、実際の作業に入り、残しておくものや貴重品、処分品というように遺品を仕分けしていきます。その後、不用品を搬出し、清掃してもらい作業が終了します。

遺品整理を神戸で進めているなら必見!

遺品整理は東京の専門業者に頼もう

広告募集中