HOME>人気記事>頼りになる業者へ依頼して老前整理や遺品整理を進めよう

頼りになる業者へ依頼して老前整理や遺品整理を進めよう

エンディングノート

遺品整理や老前整理をする上で大切なこと

老前整理、遺品整理をするときに、いきなり完璧を目指さないことが大切です。最初から頑張りすぎてしまうと、イヤになってしまい、整理を投げ出すことにつながってしまうからです。余裕を持ってスケジュールをたてて、少しずつすすめていくようにしましょう。不用品の見極めも重要になってきます。まだ使えると思って、使わないものを取っておくと、処分するものがほとんどなくなってしまいます。また、新品だからといって大事にとっておくのではなく、リサイクルショップに売るなど、使える人に使ってもらいましょう。

老前整理がおすすめされている理由

終活

自分の意思でコントロールできる

遺品整理となると、故人の意思は汲み取られず、業者や残された家族の判断で故人の所有物が処分されてしまうのです。その点、老前整理は自分の意思で自分の物をコントロールできます。不用品やそうでないもの、大切な物でそれを譲りたい誰かがいる場合、生きているうちなら自分の物を自分で処分、誰かに分けることができます。

家族への負担を軽減

遺品を整理することになった場合、残された家族にかかる負担は少なくありません。特に故人の所有物が多いと、それを仕分けするのも簡単ではないのです。遺品の数が多く、家族だけで遺品整理を行えない時は、業者に依頼することになりますが、その際の費用も残された家族が負担します。老前整理をしておけば、家族の負担も軽減できるでしょう。

新生活を気持ちよくスタートできる

老前整理を始めるきっかけは、会社を退職した、子供たちが巣だったなどといった生活環境の変化があったときです。年齢や生活状況に応じて、将来的に不要となるものを処分することで、気持ちもすっきりとし、今後始まる新生活を気持ちよく迎えられるようになります。